西表島カヌーツアー運営サイトのんぷら風景3

のんぷらツアーに参加される方へ

ツアー前日の確認連絡

■ 予約の確認

前日お客様の連絡先に予約確認のお電話をします。万が一当店から午後7:30までに連絡が無かった場合は、お手数ですがTEL 0980-85-7840 又は、代表直通TEL 080-6492-7470までご連絡ください。
午後8:00までに連絡が取れない場合は、キャンセルとさせて頂きキャンセル料をご請求いたしますので、予めご了承ください。

■ 西表島宿泊のお客様【全域送迎可能】

西部地区(上原港方面)
星野リゾート西表島ホテル(旧ニラカナイホテル),含む
8:45分~9:00頃頃お迎えにあがります
詳しいお時間は前日の打ち合わせのお電話にてお伝えいたします
ツアー前日にお迎えの時間をお伝えします。

■ 東部地区 大原港方面ご宿泊のお客様

※2人以上でお迎えにあがります。
ラ・ティーダホテル、パイヌマヤリゾート、エコビレッジ含む
7:00〜9:00頃お迎えにあがります。詳しいお時間は前日の打ち合わせの確認のお電話てにお伝え致します

■ その他離島よりお越しのお客様

ご相談ください。

【石垣島からお越しにお客様】

上原港通常運行

石垣島離島ターミナル発上原発8:30分発 【上原港行きに乗船ください】

【上原港欠航時】

コロナ禍の影響で船の時刻が減便、由布島の閉園時間短縮になっており、例年どおりのスケジュールではツアーが開催できなくなっております。
2020年10月~2021年3月31までは上原港欠航時の船出発時刻が早くなりますが、ご協力お願い致します。
10月頃から季節風の影響にて最寄りの上原港が欠航になる事が多くなってきます。欠航の場合は※大原港から船会社の無料送迎バスにて上原港にお越し頂いております。
必ず安栄観光フェリーのチケットでお越しください。

上原港通常運行時離島ターミナル発8:30分発上原港行きに乗船ください。←例年と同じです。
※必ず欠航した場合でも上原港行きのチケットを購入してください。上原港行きのチケットでなければ大原港⇔上原港の送迎バスに乗車する事ができません。

🚢7:10分 離島ターミナル発7:10分発※大原港行きに乗船ください←必ず上原港行きのチケットを購入する事

7:40分~50分 大原港に到着

🚌7:50分 大原港にて安栄観光の無料送迎バスが上原港にて出発します。

8:50分 上原港に到着。スタッフがのんぷらの看板をもってお待ちしております。

帰りの時刻

◯ピナイサーラの滝壺半日コース
🚌14:10分 上原港発大原港行きにバスに乗車→🚢15:20分大原港発石垣島行きに乗船→16:00頃石垣島着

◯ピナイサーラの滝1日コース
🚌16:20分 上原港発大原港行きにバスに乗船→🚢17:30分発大原港発石垣島行きに乗船→18:30分ごろ石垣島着

◯ピナイサーラの滝壺&水牛観光コース/ ファミリーココース
帰りは大原港まで当店の送迎車にて送迎致します。🚢17:30分発大原港発石垣島行きに乗船→18:30分ごろ石垣島着

わかりずらかったり、ご不明な事がありましたら
お気軽にお電話ください。0980−85−7840

無料レンタル

■ 防水バッグ

■ 靴 (フェルト底の靴です)。18cm〜30cmそれ以外のサイズの方は持参ください。

POINT
西表島のツアーには沢を歩くコースがたくさんありますので、当店ではフェルト底のシューズを採用しています。
底がゴムの靴や、トレッキングシューズだと非常に滑りやすく、川の中をザブザブ歩くのに不向きです。

■ その他装備品 ライフジャケット パドルなど

持ち物

飲み物

夏場 4月〜10月  (男性1.0L〜2.0L/女性1.0L〜1.5L )
冬場11月〜 3月  (男性・女性 0.5L〜1.0L)

西表島の港の自動販売でも購入できます。

POINT
コーヒ、緑茶などは利尿作用がありますのでスポーツ飲料、水がオススメです。よく飲まれる方は、0.5Lほど多くお持ちください。残りが減り、もう後少ししかない!となるとかなり不安になります。擦り傷、目などを洗う事にも役立ちます。

着替え

帽子

POINT
紫外線量がすごいです。髪の割れ目も日焼けします。帽子をお持ちで無い方は、タオルを頭に巻くスタイルでもOKです。

日焼け止め

POINT
曇りでも焼けますので必ずお持ちください。日差しが強いのでSPF50以上で、水に強いウォータープルーフタイプがオススメです。

ビニール袋(ゴミ袋)

POINT
西表島のフィールドにはトイレ設備がございません。テイッシュなどをいれるのにご用意ください。
ゴミはすべてお持ち帰りください。

タオル

テイッシュ

■ あると便利アイテム!

サングラス

ジップロック(カメラ 携帯 などを入れておくと安心です。)

軍手(カヌー、トレッキング時に、まめや汚れを防ぎます。)

薬(常備薬・腹痛、下痢、生理、腰痛などの鎮痛薬)

携帯トイレ(全コースにはトイレ設備がございません。ゴミは必ずお持ち帰りください)

服装

■ 当日はツアーに参加できる服装に着替えてからお越しください。

基本的に動きやすく、汚れてもいい、速乾性の服装がオススメです。

POINT
ジーンズや綿のシャツは、雨や汗、水に濡れると重くなり、泳ぎ難いので溺れやすくなります。
乾きづらく不快感も増しますので、スポーツ様などの速乾性の服装をオススメします。
ビーチサンダルで来て頂くと帰りに楽です。

4月〜10月 紫外線、擦り傷対策に長袖、長ズボンを推奨しております。
滝つぼなどで泳ぐことができますので、服の下に水着を着用してお越しください。
11月〜3月 長袖長ズボンにウィンドブレーカがよいでしょう。
平均気温は18度くらいですが北風が吹く日は、体感気温的に11度くらいに感じますので思っているより、すごく寒いという場合もございます。

詳しくは 西表島の天気服装を御覧ください。

料金支払・キャンセルについて

■ 料金のお支払い

当日現金またはクレジットカードでお支払い下さい。電子マネーはご利用頂けません。
現金支払いの場合はお釣りがないようにして頂けると幸いです。

※ 港近くにATMはございませんのでご注意ください。

のんぷらはカヌーツアー代金を五大クレジットカードブランドで支払えます。

■ ツアーキャンセル料

お客様側の都合(体調不良、船の乗り遅れ、日にち変更、など)によるキャンセルは、キャンセル料をご請求いたしますので、予めご了承ください 。

☆GWのご予約はキャンセルする事ができません。確実なご予定を立てて頂きご予約ください。      

・ツアーの一週間前〜前日:50%
・ツアー当日:100%

キャンセル料は下記口座へお振込みください。
その際の振込み手数料はお客様にてご負担願います。

琉球銀行 八重山支店  普通預金口座 932405
口座名義人 : 木本 周一(キモト シュウイチ)

【ツアー参加前の確認注意事項】
ツアー参加前にお読み下さい。
下記の項目(1〜8)のうち1つでも当てはまる項目があれば、ツアーにご参加いただけません。

1,医師からスポーツに注意が必要とされる持病がある

2,心臓病(心筋梗塞、狭心症、心筋症、弁膜症、先天性心疾患、不整脈など)の診断を受けている、もしくは治療中である。

3,突然、気を失ったこと(失神発作)がある。

4,運動中に胸痛、ふらつきを感じたことがある。

6,妊娠もしくは妊娠の可能性がある

7,膝、腰など関節に痛みがある(カヌーだけ、ファミリー専用午後から水牛観光はご参加頂けます)

8,ツアー中の飲酒及びひどい二日酔い

注意事項及びツアー中止事項をご確認下さい。
□安全にツアーが実施される為にツアーガイドの支持に従います
□ 天候の急変や参加者(ガイドも含む)の急な体調不良などがあった場合ツアー中止もしくはコース変更を致します
□ 長雨、豪雨等の影響で通常水位より15センチ〜30センチ以上上昇し、危険だとガイドが判断した時 中止もしくはコース変更を致します
□ 雨による川の増水で現地の状況をガイドが判断し、流れが強い・強くなるなどの状況が考えられる場合はツアーを中止もしくはコース変更を致します。
□ 団体行動でありながら個人が参加者全員に影響するような自分勝手な行動はしません
□ゴミは全て持ち帰ります

携行品について
皆様に安全にフィールドで楽しんで頂く為に努力と注意をしておりますが万が一、不可抗力による私物などの破損や紛失に対しましては責任を負いかねます。自己管理である事をあらかじめご了承下さい。

賠償責任保険
注意を説明したにもかかわらず、お客様の勝手な行動により事故がおこった場合は賠償責任範囲とさせて頂きます、あらかじめご了承下さい。

※取扱店 : ㈱世興保険センター 担当:山本 (電話:06-6622-7532)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆西表島で人気の【マングローブカヌーツアー】や【ピナイサーラの滝】と【由布島水牛車観光】をセットにした お得なツアーや、少しの時間だけ体験したいお手軽な【半日ショートツアー】がおすすめ。アクティブ派には嬉しい【キャニオニングコース】さらに幼児連れや小学生、子供専用の【ファミリー専用コース】もご用意。無料のレンタル品も充実しておりますので手ぶら参加OK!もちろん石垣島からの日帰りも可能です。普段体験できない非日常の大自然へカヤックトレッキングでご案内致します。口コミサイトトリップアドバイザーにて2年連続高評価のお店に対して頂けるエクセレンス賞を頂きました。