西表島カヌーツアー運営サイトのんぷら風景5

オタクに国境はない -There are no borders for geeks-

本日はソウルからお越しの母娘とともに半日ショートコースに行ってきました!
韓国は日本と隣り合う国ですが、海を挟んでその気温は現在ー10℃!
対してこちらは23℃(笑)また蝉が鳴き始めています…
今日も都合によりブログへの写真掲載はなしとさせていただきます(;´∀`)

I went on half-day tour with a mother and daughter from Seoul.
There is a country next to Japan, It is -10 degrees now.
In this island, it’s 23 degrees 😀 Cicadas are singing still.
I can’t post pictures due to their convenience on this time.

娘さんが日本語を勉強中ということで、今回は日本語でツアーをさせていただきました。
まだ勉強6ヶ月目ということでしたが、とても流暢で驚かされてしまいました(゚д゚)
道中は僕が日本語で話して娘さんがお母さんに韓国語で翻訳しながらツアーを。
通訳の様子を聞いていて、日本語と韓国語の類似点が沢山あることにも驚きましたΣ(´∀`;
例えば樹木を「スモク」など。同じ中国ルーツの言葉が多いからでしょうね。

I guided them in Japanese language on this time, because a daughter studies Japanese.
She studies only 6th months.I was surprised that she speak very very well.
So I speak Japanese and she interpreted Korean in the way.
I realized their similarities while I heard her translates.
For example, Japanese say tree “Jumoku”.Korean say “Sumoku” too.

ちなみにカヤックは韓国語でもカヤック。英語由来のものは当たり前です(笑)
お母さんは自然保護に関する活動を行っているそうで、沢山のことに興味を示してくれました。
カヤック中はマングローブの保護について、トレッキング中は道中の植物について。
普段はあまり解説しないような小さな花にまで興味を示してくれて、話がおおいに盛り上がりました(∩´∀`)∩

By the way, Kayak is called “kayak” in both language.It’s nothing special.
Talking about mangrove in kayak, and about small flowers in trekking.
A mother treats environmental protection, so she was interested in a lots of plants.
We have a lively conversations.There is no borders for geeks.
Thank you for coming today!!

staff Yu

西表島にはオオゴマダラという蝶がいて、サナギが金色なことで有名です。
この蝶は成虫になると色が一変、金色から白黒になります。
別名、「新聞蝶」とも呼ばれているそうです。
なんと韓国にも金色のサナギがいるそうで、彼らの国では真っ黒な蝶に羽化するそうです。
オタクに国境はないと認識できた一日でした(∩´∀`)∩
本日はありがとうございました(`・ω・´)

スタッフ ゆう

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆西表島で人気の【マングローブカヌーツアー】や【ピナイサーラの滝】と【由布島水牛車観光】をセットにした お得なツアーや、少しの時間だけ体験したいお手軽な【半日ショートツアー】がおすすめ。アクティブ派には嬉しい【キャニオニングコース】さらに幼児連れや小学生、子供専用の【ファミリー専用コース】もご用意。無料のレンタル品も充実しておりますので手ぶら参加OK!もちろん石垣島からの日帰りも可能です。普段体験できない非日常の大自然へカヤックトレッキングでご案内致します。口コミサイトトリップアドバイザーにて2年連続高評価のお店に対して頂けるエクセレンス賞を頂きました。